訪問介護 絆

訪問介護 絆

訪問介護絆では介護福祉士8名、看護師1名、他実務者研修終了者など様々な資格保有者が、お互いのスキルアップを目指しながら利用者様により良いサービス提供ができるよう徹底をしています。

【訪問介護とは】
訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)などが利用者の自宅を直接訪問して、入浴、排せつ、食事等の介助などの「身体介護」や調理、洗濯、掃除等の家事といった「生活援助」を行うサービスです。
要支援・要介護の高齢者が自立した在宅生活を送るために生活をサポートします。

主に以下の資格のいずれかを取得したホームヘルパーが訪問します。
■介護福祉士
■介護員養成研修修了者
■介護職員初任者研修修了者等
これらの資格は介護・福祉系の学校や介護事業所で、「身体介護や生活支援に必要な知識や技術」を学び取得できるものです。

~訪問介護絆は人と人とのつながりや絆を大切に育んでいます~

訪問介護 絆

家族介護の機能が衰えている今、その役割は、益々大きくなると言えるでしょう。人間にとって「家庭」とは、生活を営む最も基本となるところです。年老いて、自分の力だけで生活することが難しくなったとしても、長く生活していた空間や家族はなにものにも代え難く、最後まで住み慣れた生活をしたいということは、多くの方が望んでいることでしょう。特に高齢になると、環境に適応する能力は衰えます。できるだけ住み慣れた場所で生活を営むことは、最も自然な形なのかも知れません。

【訪問介護(ホームヘルプサービス)の対象者】
介護保険により訪問介護(ホームヘルプサービス)を受けることが出来る方は、要介護1以上の認定を受けている方です。
要支援1あるいは要支援2の認定を受けている方は「介護予防訪問介護」という形でサービスを利用できます。※ただし、一部の利用制限もあります。

【訪問介護のサービス内容】
訪問介護のサービスは、大きく分けて3種類あります。
「生活援助」「身体介護」「通院時の乗車・降車等介助」です。

訪問介護絆でご利用が可能なサービス内容につきましてはお気軽にお問い合わせください。